文在寅氏自賛も非核化の具体策なく

军事 吴博士 浏览 当前位置:主页 > 军事 > >正文

小编:2018/04/28 09:00 「われわれは、揺らぐことのない道しるべを打ち立てた」。27日、文在寅大统领が自賛した「板门店宣言」には、想定されたあらゆる议题での合意が盛り込まれ、成

2018/04/28 09:00

 「われわれは、揺らぐことのない道しるべを打ち立てた」。27日、文在寅大统领が自賛した「板门店宣言」には、想定されたあらゆる议题での合意が盛り込まれ、成果が夸示された。しかし、最も注目された北朝鲜の非核化については具体的な行程が示されず、米朝首脳会谈に向けた今後の交渉では曲折も予想される。

 宣言は(1)南北交流の促进(2)朝鲜半岛の紧张缓和(3)平和体制の构筑-の3章で构成。各项目で、両者にとって「満额回答」ともいえる合意がずらりと并んだ。

 军事境界线周辺の非武装地帯(DMZ)での宣伝放送やビラ散布の中止、南北离散家族の再会事业などについては、开始时期を明记。次回の首脳会谈や军事高官协议の具体的なスケジュールも示した。

 期待値の“ハードル”を下げた演出が、宣言の価値を高める要因となった可能性もある。会谈の准备委员长を务めた韩国大统领府の任锺●(=析の下に日)秘书室长は「共同声明の発表形式は合意内容の水准次第」と前日まで慎重な姿势を强调していたが、ふたを开けてみれば両首脳は会谈开始前から、合意への自信を示唆する発言を连発。过去2回の会谈では深夜や翌日にずれ込んだ発表が夕食会前に行われる异例の事态となった。専门家からは「前日までに完成済みだったのではないか」と讶しむ声も上がった。

 しかし、主题である「非核化」のみに目を向ければ、宣言には「共通の目标を确认」「国际社会の支持と协力を得る」など漠然とした文言が并ぶ。宣言署名後の共同発表でも、金委员长は「核」に一度も言及せず、韩国侧との温度差が表面化した。

 朝鲜半岛の歴史に名を刻んだ今回の会谈は、交渉促进の雰囲気を醸成し米朝対话にバトンをつなぐ一定の役割を果たした。同时に、「完全かつ検证可能で不可逆的」な核廃弃を求める米国と、保有兵器の削减についてこれまで一切言及していない北朝鲜の交渉がゼロからのスタートを余仪なくされることも示したといえる。(高阳 时吉达也)

当前网址:http://wzect.com/army/14825.html

 
你可能喜欢的: