米独首脳会谈 NATO「国防费2%」目标で応酬、イラン核合意も平行线_文章鹅新闻资讯网

米独首脳会谈 NATO「国防费2%」目标で応酬、イラン核合意も平行线

军事 吴博士 浏览 当前位置:主页 > 军事 > >正文

小编:2018/04/28 10:01 【ワシントン=加纳宏幸】トランプ米大统领は27日、访米中のドイツのメルケル首相とホワイトハウスで会谈し、北大西洋条约机构(NATO)が加盟国の目标に设

2018/04/28 10:01

 【ワシントン=加纳宏幸】トランプ米大统领は27日、访米中のドイツのメルケル首相とホワイトハウスで会谈し、北大西洋条约机构(NATO)が加盟国の目标に设定した国防费の対国内総生産(GDP)比2%以上を目指し、増额するよう求めた。

 NATOは2014年、加盟国の国防费を24年までに対GDP比で2%とする目标を设定した。ドイツの国防费は対GDP比1?2%だが、メルケル氏は记者会见で、19年には1?3%になるとの见通しを示し、「(トランプ)大统领は遅いとみるだろうが、正しい方向に向けて重要な措置を取ってきた」と述べた。

 トランプ氏は「加盟国はもっと(国防费を)払うべきだ。米国は欧州を守り、谁よりも多く払っている」と反论した。

 メルケル氏の访米は、トランプ氏が5月12日までに破弃するか判断するとしているイラン核合意への米国の残留を促す狙いがある。

 メルケル氏は核合意を「イランの活动を遅らせる第一歩」と理解を求めたが、トランプ氏は核兵器保有を防ぎ、弾道ミサイルの拡散やテロ支援を封じることを确実にすべきだと主张し、议论は平行线だった。

当前网址:http://wzect.com/army/14827.html

 
你可能喜欢的: